ブレスレットを着ける手は?
お客様から「ブレスレットは左右どちらに着ければ良いですか?」と良く聞かれます。
説は色々あって、少数派ですが右手に着ける方が良いとおっしゃる方もいらっしゃいます。
ここでは冥利屋でお客様に説明する私見としての着け方をご説明したいと思います。
「気」の流れは左から入って右から出て行くと言われていますし、右手を吸収の手、左手を放出の手とも言います。
プログラミングをしたパワーストーンはあなたの願い、身に着ける人がどの様な助かを必要としているのかを理解しています。
さらに左手に着ける事で常にあなたの願いをパワーストーンに強く刷り込む事が出来ます。
*家の奥さんは毎日パワーストーンに「今日もよろしくね!」「今日もありがとうね!」と話しかけています。
不思議な事に普段からパワーストーンに話し掛けている奥さんのパワーストーンはいつもキラキラ輝いてとてもきれいです。
私は・・・都合の良い時だけ話し掛けて応援してもらおうとするのでいつも奥さんに怒られています。
大切に扱い、常に可愛がる人のブレスレットは一目見たら大体わかりますね〜。
通常は左手に着けているパワーストーンも時には右手に着け変える必要があります。それが吸収から放出に変えたい時です。
例えば恋愛運アップのブレスレットを身に着けている時に意中の人や素敵な人に出逢った時にはそっと右手に着け変えます。
今まで貯めていたパワーを一気に吐き出(放出)してあなたの応援をしてもらいましょう。
ほかの例では宝くじを買う時に右手に着け替えるなど、効果が必要な場面で右手に着け替えます。
しかし、着け方は人それぞれの好みがあり腕時計を左に着けてる人はブレスレットと重なる事を気にする方もいらっしゃいます。
それよりも大切な事は、先ほど家の奥さんが常にパワーストーンに話し掛けて可愛がっていると言う事だと思います。
吸収の手だろうが、放出の手だろうが、大切に思ってくれる人のために頑張ろうと思う事の方が勝ります。
くれぐれも私のように自分の都合の良い時だけ頼る事の無いように!!
Top